カイシンノステミ

漫画モノは10時、発達障害モノは15時、それ以外は20時頃にアップ予定!

2月3週に読んだけど記事にしなかったマンガたちアソート3

今回も2月の3週目に読んだけど記事にしなかったマンガをアソートでいくつかさらっとご紹介。

※基本的に巻数が書いてあるのはその巻までは追っているマンガなのでオススメではありますが、人によって好みが分かれそうなものが多いと思います。

「アンダーニンジャ」1巻

 

Amazon アンダーニンジャ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

かつて栄華を誇った日本の忍者たちは、戦後GHQによって組織を解体させられ消滅した。しかし、実は今でも忍者は秘密裏に存在しており、その数は20万人とも言われている。

そして一部の精鋭忍者は国家レベルの争いごとの裏で暗躍していた。一方で、末端の忍者は仕事にありつけないことも多く、その一人・雲隠九郎もニート同然の暮らしをしていた。しかし、そんな九郎のもとについに重大な「忍務」が‥‥!
引用:Amazon 

「アイアムアヒーロー」の花澤健吾氏が贈る"現代版ハイテクニンジャ"のパルクールアクション漫画がついに登場!

忍法が未だ謎のままだけど、あの洋服かっこいいなぁ。あのパーカーほしい。単純にカッコいいんだけど。

とは言いつつも、まだまだ1巻はほとんど導入で終わる感じなのでストーリーはそこまで動かず。それでもやっぱり所々で登場する「パルクールアクション」はキャラのギャップも相まってメチャクチャかっこいい!

随所に挟まれるギャグも相変わらずで、シリアスとギャグの行ってきてが「古谷実」の雰囲気にも近くて個人的にはかなり大好き。

全体としては「アイアムアヒーロー」よりもかなりローテンションで進んでいくので、忍者の「動」とローテンションの「静」のコントラストがいい意味でミスマッチでかなりオシャレ。

ポスターとか出たらほしいなぁ。洒落てて超かっこいい。

「イジらないで、長瀞さん」4巻

Amazon イジらないで、長瀞さん(4) (マガジンポケットコミックス) 

新たなフレンズ参戦で、長瀞さん、ちょっぴり動揺中──!? みんなで巡る夏祭りに、長瀞さんとおんぶで通学、そして2人で秘密の特訓と、今巻も見どころ満載!! 少しずつ時が経ち、2人の関係もなんだかちょっぴり接近の予感…!!

さらに描き下ろし漫画として、大好評だった“アノ話”の続きも2本収録! 大人気、Sデレ少女のラブコメディ、第4巻発売です!!
引用:Amazon 

高木さん派と熾烈な派閥争いが起きている長瀞さん。

私は断然長瀞さん派でございます。

この言う事聞かない猫娘な感じがたまらないね!最高だね!

もういいんですよこの漫画は。このままずっとイチャコラしてください。

はぁ〜眼福眼福。

「有害指定同級生」2巻

Amazon 有害指定同級生 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)  

パンツを穿かない同級生、都城玲華と友達になった真面目なクラス委員の八橋みやこ。摘出困難となった無線ローターに、玲華の更生は絶望的か――!? 

モラルをピンクに塗りつぶす、背徳系ギャグ!!
引用:Amazon 

ひっさしぶりに見たドがつくバカ漫画。

JKが授業中に「ヴーン」って遊んでた無線ローターが取り出せなくなって、クラス委員の女の子に取り出してもらうというワケがわからない事を超絶ポップなギャグでお届けするアホ漫画。

ギャグがキレッキレだからすごい面白いけど、ギャグのレベルが落ちたら目も当てられないタイトロープダンサーみたいな苦行をなんでしてるんだろう。

いや、そこが最高なんだけどさ。

「マッドキメラワールド」3巻


Amazon マッドキメラワールド(3) (モーニング KC)  

荒れ果てた砂地に、朽ち果てたビルが建ち並び、空には奇妙な機械が浮かぶ。地球の変わり果てた姿。そしてこの世界を牛耳っているのは雌。雌が雄を道具にし捕食する。雄は雌から逃げる。だが、生物としての本能ゆえ、数が少ないのに命を懸けて雄は生殖のチャンスをうかがう。

そんなイカれた世界に住む、ニンゲンに近い2人、ミツキとウサギ。大量の本を読み尽くし知識を蓄えたミツキと、圧倒的な力をもつウサギ。無慈悲な世界で、2人の冒険が始まった。SF、ファンタジー、宗教、オーパーツなどてんこ盛りなバトル漫画、開幕。
引用:Amazon 

この漫画おっもしろいなぁ!

2巻で一回切っちゃってたんだけど、ちゃんと本腰入れて読むとすっごい面白いね。

片手間で見ちゃうとちょっとのめり込めなくて「何してんねん、あほか。」ってなっちゃうけど、こういう漫画はこっちも真剣に「そうか!そうなのか!」って読めば真剣さが伝わってきて非常に面白い。

絵で読む人選んじゃうけど、絵がいけそうな人はぜひ真剣に腰を据えて読んでみてほしい。 

「五時間目の戦争」4巻(完結)

 

Amazon 五時間目の戦争 (4) (角川コミックス・エース)

瀬戸内の離島の中学校。新たな授業として三年生たちに課されたのは、正体不明の敵との「戦争」だった!

ところが、クラス一の俊足の双海朔と、その幼馴染の安居島都の二人だけは、なぜか出兵不適格の烙印を押され…
引用:Amazon 

今回のダークホース。

オススメしないけどオススメしたい。

タイトルでついつい手にとって読んでしまった。

かなり最後のオチには賛否両論分かれそうだけど、個人的には「反対よりの賛成側」

ストーリーがサスペンス的にも青春的にも、SF的にもかなり上手にまとまっている分、最後のオチは生々しすぎて「そうなるよなぁ。だけどさぁ。。」と言いたくなるんだけど、でもその切なさがいい!みたいなよくわかんない感情に混乱させられる。 

スカッとしないモヤモヤ感が気持ちいいというなんとも困った作品なんだけど、ヨーロッパ映画とか好きな人は好きなんかじゃないかと思う。

もう一度言うけど、

オススメしないけどオススメしたい。

2月3週に読んだけど記事にしなかったマンガたち まとめ

はい、というわけで記事にはしなかったマンガたちですが面白かったものから残念なものまで、良くも悪くも記憶に残っているものをアソートで紹介してみました。

私は苦手でもきっと好みの合う方はいらっしゃると思うので、気になるものがあったら是非ネカフェでも手に取ってみてくださいませ。 

それでは!また!

アンダーニンジャ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

アンダーニンジャ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

あ、マンガファンの人は「ビベーラ」もぜひ試してみてね!

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

  • Viverra Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料