カイシンノステミ

漫画モノは10時、発達障害モノは15時、それ以外は20時頃にアップ予定!

2月2週に読んだけど記事にしなかったマンガたちアソート

今回も2月の2週目に読んだけど記事にしなかったマンガをアソートでいくつかさらっとご紹介。

※基本的に巻数が書いてあるのはその巻までは追っているマンガなのでオススメではありますが、人によって好みが分かれそうなものが多いと思います。

「オタサーの姫殺人事件」3巻(完)

f:id:LMU:20190212091621j:plain 

姫はなぜ何人もの男と関係を持ったのか、その時に何を思っていたのか…真実を知りたい青鹿たち。そんな時、部室には盗撮カメラがあったと発覚する。録画されていたのは、本音を語る姫の姿だった! 

少女が「姫」に変身し「死」へ至ったすべてが明らかに…!? 

謎の向こう側に衝撃の恋心を見つける第3巻!!
引用:Amazon 

ヤリまくりオタサーのビッチ姫殺人事件が無事完結。

いい感じに切なく後味悪い感じ終わってくれて素敵。

サスペンス要素とかを全く求めるような作品じゃないから、このくらいの人間ドラマがちょうどいい。

やっぱりどんな形でも人間で一番怖いのは嫉妬ですな!

まぁ私くらいになると一周回ってされてみたいですが。 

「狭い世界のアイデンティティ」

f:id:LMU:20190212091609j:plain 

この腐りきった漫画業界の中で、漫画家としてのし上がるには、漫画力だけは足りない…暴の力で漫画業界を邁進せよ。
引用:Amazon 

漫画家たちが暴力で戦い合う意味不明な漫画。

何言ってるかわからないと思うけど、読んでも訳がわからないから安心してほしい。

押切×柴田ヨクサルな感じかな、イメージ的には。

個人的には1巻でご馳走さまでした。

「まりこさんの恍惚ごはん」2巻(完)

 f:id:LMU:20190212091617j:plain

有能であるがゆえに、周囲にも厳しく28歳にしてお局マリと呼ばれる万里子。彼女の部下である、ゆとり社員の須佐町くん。2人の秘密の息抜き、それは一緒の「食事」――!? 

見つめられたらNOと言えずに、ついつい食べ過ぎ限界突破! そこにあるのは美味しいを超えた恍惚の味!

脳内ドMの女上司とS顔部下のマゾウマコメディ!!!
引用:Amazon 

アッタマおかしくて最っ高。

よくグルメ漫画とかで「飯食ってるのにエロい顔とかヨダレとかよくわっかんないわっかんないわっかんない!私のわかる言葉で話してよ!」とか思ってましたが

まさか飯でエロい事するとは。

流石ヤングアニマル。ここまで振り切ってくれると逆に大好き。

「マゾウマー!」て何だよ。思いついた時の勢い凄かったんだろうなー。

「ブラックアウト」

f:id:LMU:20190212091625j:plain 

平凡な毎日を鬱々と過ごすニート、渋谷和也。ある日、彼の元に『βl@ck★OUT』という謎のゲームが届く。それは一度踏み入れたらクリアするまで逃れられない「デスゲーム」だったのだ…。
引用:Amazon 

まだまだ残っていますVRデスゲーム系。

まぁ可も不可もなく。最後までは楽しく読めそう。

深みはなし。

「残機×99」

 f:id:LMU:20190212091606j:plain

女の子たち99人が起きたら知らない場所に拉致られてて「スペランカー」みたいな死にゲーの「残機×99」として死んでは進んで死んでは進んでする漫画。

3周くらい回って逆に面白くなってくるので読んで欲しい。

でも手際の悪い時間泥棒の可能性はあるので自己責任で読んで欲しい。

「ピヨ子と魔界町の姫さま」2巻(完)

 f:id:LMU:20190212091613j:plain

日本のどこかにある魔界町――住むのは異種族たちです。

この漫画は、そこに引越してきた人間のピヨ子と、独創的かつやんごとなき「魔界の姫さま」がこの町を堪能しつくす、異世界系(?)日常ギャグなのです。
引用:Amazon 

今回のダークホース。個人的には超オススメしたい。

わかりやすく言うと、「化物語」の戦場ヶ原ひたぎちゃんみたいな悪魔の姫と頭の悪い人間の天然少女がずっとバカな事やってる漫画です。 

f:id:LMU:20190212095751p:plain

姫様の口調がすっごく戦場ヶ原っぽくて丁寧で冷たいんだけど、ボケ方とかも戦場ヶ原っぽくて好きな人にはたまらない感じ。

あと、とにかく人間の天然少女がアッタマ悪くて最高なんです。

f:id:LMU:20190212095755p:plain

「タラシッターソェ!!」って何。

ひたすらゲラゲラ笑いたい人には是非。

2巻で終了しちゃってるのがもったいないよー。残念。

2月2週に読んだけど記事にしなかったマンガたち まとめ

はい、というわけで記事にはしなかったマンガたちですが面白かったものから残念なものまで、良くも悪くも記憶に残っているものをアソートで紹介してみました。

私は苦手でもきっと好みの合う方はいらっしゃると思うので、気になるものがあったら是非ネカフェでも手に取ってみてくださいませ。 

それでは!また!

ピヨ子と魔界町の姫さま (1) (角川コミックス・エース)

ピヨ子と魔界町の姫さま (1) (角川コミックス・エース)

 

あ、マンガファンの人は「ビベーラ」もぜひ試してみてね!

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

  • Viverra Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料