カイシンノステミ

漫画モノは10時、発達障害モノは15時、それ以外は20時頃にアップ予定!

2月1週に読んだけど記事にしなかったマンガたちアソート

今回も2月の1週目に読んだけど記事にしなかったマンガをアソートでいくつかさらっとご紹介。

※基本的に巻数が書いてあるのはその巻までは追っているマンガなのでオススメではありますが、人によって好みが分かれそうなものが多いと思います。

「エリア51」8巻

f:id:LMU:20190206145440j:plain

「カッコイイ」以外の何物でもない漫画。

カネコアツシ氏の作品(BAMBI、デスコ等)と共に部屋に雑に積んでおいて、気分が向いた時にさっと手にとっていつでも読めるようにしておきたい。

デジタル版でここまで集めてしまったので、単行本でいつか全巻集めてたいと思います。

格好良くて泣いたのは北野武の「座頭市」以来。 

「1年A組のモンスター」2巻

f:id:LMU:20190206145436j:plain 

1年A組は「地獄」だと誰かが言った――。担任がすぐ辞める問題児揃いのクラスに赴任してきた教師・自見太郎。地味で存在感はないが、異常なほどの真面目さで女子校生たちを”教育”していく――。

pixivで1話が公開されてから1週間で20万PV! 男教師が問題児な女子校生を教育して立場逆転! [男子高校生を養いたいお姉さんの話]の英貴が贈る女子校再生ストーリー。
引用:Amazon 

1巻を呼んだ時は「おぉ、pixivっぽい」と思っただけだったけど、2巻からかなり調子が上がってきて3巻が楽しみになってしまった。

「教師としてはなんでもするけど就業時間外は断固として何もしない」教師が問題児だらけの女子校に赴任して、エグい教師いじめや女子のグループいじめを淡々と解決していくんだけど、無気力な教師の後ろに常に闇が見えるのがいい感じ。

この辺をどうしていくのか3巻に期待。

「僕の名前は「少年A」」3巻

 f:id:LMU:20190206145447j:plain

13歳で教師を殺したその日、僕の名前は「少年A」となったーー…。

13歳で人を殺したその日、僕の人生は一変した…。
全てを偽り、嘘で塗り固めた毎日を送る。
これまで存在していた自分という存在は消え、「少年A」という名前だけが一人歩きする。
でも僕は必ず君を守り抜くと決めたから───…。
引用:Amazon 

出てくる主要登場人物の全員に一度は腹が立つ漫画。

わかってあげたい気持ちもあるけどちょっと一回全員正座させたい。 

「ペナルティスクール」

f:id:LMU:20190206145432j:plain 

「バカは“殺処分”」
百穣学園は、学生全員にスマートフォンが支給され、「アバター」が各学生の勉強をサポートしてくれる、最先端の教育設備を整えた全寮制の学校。
そして学園にはもう一つ、他校とは異なる特色があった。「ペナルティ制度」それは、落ちこぼれに【罰】を与えるための制度だった!! 教育の名のもとに繰り広げられる、戦慄のスクールサバイバル!!!
引用:Amazon 

進学校で成績悪くなると「そんなんじゃあAIの方が優秀ですねー!」つってぶっ殺される漫画。

あれだよね。デスゲーム系はマジでキレキレじゃないともう持たないね。 

「ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~」1巻

f:id:LMU:20190206145443j:plain 

怪我をした教授に代わり、魔界でモンスターとの言語的&非言語的コミュニケーションの調査を任されたハカバ君。

ガイドのススキと共に魔界を旅をする、新人研究者の苦悩と日常を描いたモンスター研究コメディ!
引用:Amazon 

今回のダークホース。

絵もタイトルもいかにもな「異世界系」だけど、内容がすっごい面白かった。

ワーウルフやリザードマン、ドラゴンにスライムと各モンスターたちの異文化コミュニケーションを、ハカバ君がワーウルフと人間のハーフのチビッコ「ススキ」と一緒に言語的&非言語的に調査する漫画。

f:id:LMU:20190206152627p:plain

ワーウルフの言語を中心にリザードマン達なんかと会話するんだけど「なんでみんなワーウルフ語で話してんだろ?シザードマ語は?」と思いきや、自分のことを思い出すとヨーロッパに行っても英語でみんなと話すもんね。と納得。

発音機能の違いから色の識別能力など、様々な違いから派生する言語(ボディランゲージ含む)でのコミュニケーションはすっごく面白いし、よく考えて作ってあるのがひしひしと伝わってくる

この漫画はちょっと単体で記事にしようかすっごい悩んでる。

よくある『なろう系異世界もの』だと思ってスルーしてた人にぜひ読んで欲しい作品。

2月1週に読んだけど記事にしなかったマンガたち まとめ

はい、というわけで記事にはしなかったマンガたちですが面白かったものから残念なものまで、良くも悪くも記憶に残っているものをアソートで紹介してみました。

私は苦手でもきっと好みの合う方はいらっしゃると思うので、気になるものがあったら是非ネカフェでも手に取ってみてくださいませ。 

それでは!また!

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ (1) (角川コミックス・エース)

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ (1) (角川コミックス・エース)

 

あ、マンガファンの人は「ビベーラ」もぜひ試してみてね!

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

  • Viverra Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料