カイシンノステミ

毎月100冊以上の漫画を読みながら発達障害でわちゃわちゃしています

中国から「茶のすべて」を盗み出せ!「Fの密命」のスパイ・サスペンスが実話に思えないほど胸熱

こんにちわ!ルムです。

今回ご紹介するのは、会社の無茶振りで歴史を変えるアレを盗んだ男の実話物語!

「Fの密命」でございます!

ネタバレなしで記事を書いてますので、これから読む人も安心してご覧下さい。

「Fの密命」あらすじ

f:id:LMU:20190113135846j:plain

中国から、「茶のすべて」を盗み出す――。19世紀に実在したイギリスのスパイ・「F」の物語――。

イギリス、インド、中国による、三角貿易の時代。イギリスでは紅茶を飲む習慣が広まり、大量の茶葉を必要としていた。

しかし紅茶は高額で、輸入先である中国との貿易赤字は、膨らむばかり。自ら茶を栽培したいイギリスだが、中国は茶の製法を決して明かさない。正攻法では茶を自主栽培出来ないと判断したイギリスは、中国から、チャノキの苗、種、職人、道具…「茶のすべて」を盗み出すことを決意。そして、ある園芸家の青年に、白羽の矢を立てる――。

引用 : Amazon

「Fの密命」は世紀の茶泥棒「ロバート・フォーチュン」の実話物語!

f:id:LMU:20190113135822j:plain

会社からの命令で「お前ちょっと中国まで行ってきてお茶盗んでこいや!」と派遣された植物大好きっ子の主人公・フォーチュンは、「園芸協会の採集員」として単身中国に乗り込みます。

 

当時お茶は中国の専売特許になっており、イギリス人がそんなもの盗んだら速攻ぶっ殺されて戦争勃発は必至。

 そんなギリギリの中、自分の人生を賭けたフォーチュンの大泥棒劇が始まるのですが、これがメチャクチャ面白い。

 

正直私は歴史物がすごく苦手で、ちょっとでも「あ、これ実話歴史系だ。」って匂いを感じたらソッ閉じしちゃうのですが、「Fの密命」は実話だっているのを忘れちゃうくらいエンターテイメントしてて、スラスラ読めてしまいます。

 

フォーチュンが少しづつ中国の人たちとコネクションをもち、「お茶」を巡り様々な思惑が交差する中を、自分の信念を貫いて生きていく姿はもう胸熱。

単身中国に乗り込む"スパイ・サスペンス"の「Fの密命」!

f:id:LMU:20190113140445p:plain

実は「Fの密命」は実話をもとに作られていて、実在した世紀の茶泥棒「ロバート・フォーチュン」の生涯を、実に丁寧な時代背景や世界情勢の説明と共に描いた作品。

 

歴史が詳しくない人や、歴史モノっていうだけで毛嫌いしそうな人でも「ちょっと大人のサスペンス」として十分に楽しめるようになっていて、この実話をここまでエンターテイメントで描けるのは素晴らしい!

当時のイギリスと中国の微妙な関係の中、労働階級の青年が自分の道を切り開くために中国に仕掛ける「一世一代の大泥棒」のドキドキハラハラ感はたまりません

 

ボリュームも2巻で完結という非常にコンパクトで読みやすいサイズなので、サスペンス好きの方は是非一度読んでみてください。これオススメ。

「Fの密命」まとめ

はい、それでは今回の「Fの密命」をまとめますと

  • 世紀の茶泥棒「ロバート・フォーチュン」は実在した!
  • 実話とは思えないほど素晴らしくエンタメに描いててびっくり。
  • 歴史物が苦手な人もスイスイ読めるくらいサスペンス要素がドキドキする!

こんな感じでございますでしょうか。

この手のものって、もうタイトルでビビっときたら行くかないよね。当たって良かった。こんなサスペンスものあるんだね。

それでは!また!

Fの密命(1) (アクションコミックス)

Fの密命(1) (アクションコミックス)

 

あ、マンガファンの人は「ビベーラ」もぜひ試してみてね!

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

  • Viverra Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料