カイシンノステミ

漫画モノは10時、発達障害モノは15時、それ以外は20時頃にアップ予定!

12月2週に読んだけど記事にしなかったマンガたちアソート

こんにちわ!ルムです。

今回は12月に2週目に読んだけど記事にしなかったマンガをアソートでいくつかさらっとご紹介。

※基本的に巻数が書いてあるのはその巻までは追っているマンガなのでオススメではありますが、人によって好みが分かれそうなものが多いと思います。

「魔王城でおやすみ」9巻


Amazon 魔王城でおやすみ(9) (少年サンデーコミックス)

魔王城に誘拐されたお姫様が「安眠」を求めてムチャクチャしまくるっていうマンガ。

マジでよく「安眠」をテーマにしてここまでネタが持つもんだ。すごい。

9巻はちょっとギャグ的にもすこし物足りない感があったけど、非常に安定して全巻楽しめる。肩に力入れないで気楽に読める系で好き。あと魔物どもが可愛い。

「皆様の玩具です」


Amazon 皆様の玩具です(3) (マンガボックスコミックス)

イケメン高校生が美女5人に拉致られて「私たち!アナタを毎日拷問します!」といきなり宣言されるちょっと何言ってるかわからないマンガ。さすがマンガボックス。

なんか段々エロが増えてきていつの間にか拷問がご褒美になっているのは内緒。

「人間カード」


Amazon 人間カード(2)

こちらの記事で紹介した「人間カード」の2巻。

なんか読んでてマンガボックスぽいなと思ったら案の定マンガボックスだった。

2巻になって1巻のキャラがほとんど出ないで新キャラがワチャワチャ何かやり始めた。不安。あれかなぁ。オンラインで1話ずつ読むって週間雑誌ものと違う展開の方がいいのかなぁ。なんかコミックスになった時に微妙なの多くない?

3巻は読まないかもしれない。

「妖怪マッサージ」


Amazon 妖怪マッサージ 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

妖怪おkのマッサージ屋さんの人外マッサージマンガ。

「押切蓮介」の名前で読んでみたんだけど、期待が高すぎた。

マッサージされてる女妖怪がヨダレ垂らして絶頂しちゃうのはなんか違うだろぅ。

作画は忌木一郎氏といういかにも妖怪マンガを書きそうな名前の人なのですが、押切蓮介氏の作画だと見せ方が違ったような気もするんだよなぁ。押切氏の意向なのかなぁ。

多分2巻以降は読まないかなぁ。

「六道の悪女たち」12巻


Amazon 六道の悪女たち 12 (少年チャンピオン・コミックス)

「悪女に惚れられる呪い」をかけられた主人公が、ヤンキー女子たちに惚れられまくってすったもんだするマンガ。

基本的にヒロインたちはなぜか全員デブいので可愛くはない。

12巻は普通な日常回が多くて面白かった。このマンガどっちかっていうと長めのストーリーでケンカとか絡めたりするより、こういう日常のトンデモ回の方が女の子たちが生き生きしてていいと思う。

特にメインヒロインの乱奈さんの赤ちゃん時代のエピソードが完全に範馬勇次郎ですどうもありがとうございます。

浦安鉄筋家族もそうだし、チャンピオンの作品て刃牙いじりすぎじゃない?

最後に次のヒロインも出てきていい感じいい感じ。

12月2週に読んだけど記事にしなかったマンガたち まとめ

はい、というわけで記事にはしなかったマンガたちですが面白かったものから残念なものまで、良くも悪くも記憶に残っているものをアソートで紹介してみました。

私は苦手でもきっと好みの合う方はいらっしゃると思うので、気になるものがあったら是非ネカフェでも手に取ってみてくださいませ。 

それでは!また!

あ、マンガファンの人は「ビベーラ」もぜひ試してみてね!

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

ビベーラ - マンガ好きのためのコミュニティ

  • Viverra Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料